江古田ユニバース公式ウェブサイト

Ecoda universe official website

Since November 2010.

「江古田」の名称について

私達、江古田ユニバースが活動している「江古田地域」とは、西武池袋線江古田駅周辺地域のことを指しております。この江古田駅の周辺は住所上では東京都練馬区旭丘、栄町、小竹町にあたりまして、「江古田」という名称の住所は存在していません。練馬の江古田(旧・江古田新田地域)は、所属する行政単位が2回変わっています。現在の23区の区分に置き換えると、「中野→板橋→練馬」という変化がありました。

当時の名称だと、「多摩郡江古田村(の江古田新田)→豊島郡上板橋村江古田→板橋区上板橋町江古田→練馬区江古田町」という変化がありました。現在は住所上では江古田という名称はありませんが、西武池袋線「江古田駅」周辺、大江戸線「新江古田駅」周辺は江古田地域として現在も住民の間で認識されております。ちなみに「江古田駅」は「えこだえき」と読み、「新江古田駅」は「しんえごたえき」と読みます。

また、現在住所上で江古田という地域があるのは、東京都中野区の中にあります(大江戸線 新江古田駅周辺)。

地名の起こりは荏(え)ごまの栽培をしていたからとか、エゴの木が生えていたからといわれる。

 

練馬区、中野区以外だと、神奈川県横浜市「青葉区の荏子田」と「緑区の江古田」にある。「緑区の江古田」は東急バスの「北八朔公園江古田(えこだ)口」というバス停名に残るのみ。住所上は無い。

神奈川県横浜市青葉区荏子田は住所上として存在している。ただし、こちらの荏子田は旧名が「枝子田」であり、東京の江古田とは地名の由来が異なっているのかもしれない。

全国的に「江古田」という名前のついている地名は殆ど無く、かなり珍しい名前の地名だといえる。

 

 

江古田年表

 

西暦 和暦

 

1921 大正10年

・3月、東京神田三崎町、日本大学法文学部内に美学科(日本大学芸術学部の前身)が誕生し、同年4月開講した。

 

1922 大正11年

 ・「江古田市場」オープン。

・武蔵大学の前身となる、日本初の旧制七年制高等学校である旧制武蔵高等学校開校。

・旧制武蔵高等学校の正門前に江古田駅開設。当時は「武蔵高等学校用仮停留所」の名称だった。これは、武蔵高等学校に通う生徒のための駅という性格を持ち、駅の場所も現在の稲荷神社あたりだったという。当初は朝・夕の通学時間帯にのみ停車した。

 

1923 大正12年

・「武蔵高等学校用仮停留所」が武蔵野鉄道「江古田駅」と改称。駅舎は東に移転した。

 

1929 昭和4年

・武蔵野音楽学校(現武蔵野音楽大学)が開校。

 

1932 昭和7年

・上板橋第二尋常小学校江古田分教場(現旭丘小学校)開校。

 

1933 昭和8年

・江古田駅が移転(現在の地下道入口付近)。

 

1939 昭和14年

・4月、日本大学芸術学部の前身である、「日本大学芸術学園」が東京神田鈴木町から板橋区江古田(現在の日本大学芸術学部江古田校舎)に移転した。

 

1946 昭和21年

・武蔵野鉄道「江古田駅」は西武鉄道江古田駅(現駅名)と改称

 

1947 昭和22年

・練馬東中学校(現旭丘中学校)開校。

 

1949 昭和24年

・武蔵高等学校、学制改革により新制武蔵大学(経済学部経済学科)開設。

・学制改革により「日本大学芸術学園」が日本大学芸術学部に改称、まず写真・映画・美術・音楽・文芸の5学科を設置、同年4月発足した。

・武蔵野音楽学校、戦後の学制改革によって新制大学へと移行。武蔵野音楽大学音楽学部に改称。「音楽大学」としては日本初の認可。

 

1950 昭和25年

・日本大学芸術学部に演劇学科を増設し6学科となった。

 

1951 昭和26年

・「日大通り商店会」発足。

・「江古田駅前商店会」創立。その後、「江古田銀座商店会」に改名。

 

1952 昭和27年

・「江古田市場及び連鎖店連合会」(現江古田市場通り商店会)発足。

 

1958 昭和33年

・喫茶店「トキ」オープン。

 

1960 昭和35年

 ・住居表示の変更により、練馬区から「江古田」の地名が消滅。

・「江古田駅北口商店会」創立。

・日本大学芸術学部に放送学科を増設し、7学科となった。

 

1962 昭和37年

・江古田駅北口商店会が中元・歳末売出し(現バラエティーセール)開始。

 

1963 昭和38年

・江古田駅北口開設。

 

1965 昭和40年

・「栄町本通り商店街振興組合」創立。

 

1966 昭和41年

 ・中華飯店「松屋」(現松屋フーズ『松屋』1号店)オープン。

 

1968 昭和43年

・「江古田コンパ」オープン。

 

1969 昭和44年

・武蔵大学、人文学部(欧米文化学科、日本文化学科、社会学科)を増設。大学院(経済学研究科)を設置。

 

1973 昭和48年

・江古田に「お志ど里」移転オープン。

 

1974 昭和49年

・江古田駅の1日平均乗降車人員が最多。(約73,500人)

 

1978 昭和53年

 ・レコード『江古田スケッチ(竹内緑郎と旅行かばん)』発売。デビューイベントとして『江古田マーキー』にて発売記念ライブをが開催される。

 

1979 昭和54年

・江古田浅間神社富士塚が国の重要有形文化財に指定される。

 

1980 昭和55年

・江古田駅北口商店会が第1回チャリティーバザールと青空コンサート(現きたぐちフェスタ)開始。

 

1983 昭和58年

・「旭丘銀座商店会」創立。

・「カラオケ館」第1号店オープン。

 

1889 平成元年

・日本大学芸術学部、所沢校舎を開設し、教養課程(専門科目の一部を含む)を移転した。

 

1995 平成7年

・栄町本通り商店街振興組合が愛称を「江古田ゆうゆうロード」に命名。

 

1996 平成8年

 ・映画『Shall We ダンス?』撮影される。

・栄町本通り商店街振興組合が「江古田ナイトバザール」を開催開始。

・日本大学芸術学部、デザイン学科を増設し、8学科となった。

 

1997 平成9年

・都営地下鉄12号線(現大江戸線)新江古田駅開業。

 

1998 平成10年

・武蔵大学、人文学部社会学科を改組し、社会学部(社会学科)を増設。人文学部に比較文化学科を増設。大学50周年を記念し大学のシンボルである白雉と小枝をモチーフにロゴマーク制作。

 

2004 平成16年

・日本大学芸術学部、江古田キャンパス整備事業による新校舎建設工事を開始した。

 

2009 平成21年

・武蔵野音楽大学、創立80周年記念式典を挙行。

・日大通り商店会が秋まつりイベント開始。

 

2010 平成22年

・日本大学芸術学部・江古田キャンパスの建替工事完了。

・江古田駅新駅舎完成、自由通路と南口駅前広場を整備。

 

2011 平成23年

・東日本大震災発生。この地震で福島第一原子力発電所が被害を受け、それによって大規模な原子力事故が発生した。これ以外にも太平洋沿岸の原子力発電所・火力発電所が津波によって被害を受けて操業を停止した影響により、東京電力管内では3月14日から28日まで計画停電が実施された。西武池袋線も一部停車となった。

・日本大学芸術学部、創設90周年記念式典を挙行。

 

2012 平成24年

・おにぎり屋「やぐら」閉店。

 

2013 平成25年

・喫茶店「トキ」閉店。

 

2014 平成26年

・「江古田市場」12月末で閉店。

 

2015 平成27年

・武蔵野音楽大学江古田キャンパス工事開始。

 

 

 

 

本ページはブラウザの「標準」のスケールに最適化されています。表示を拡大または縮小すると文字と写真がずれる場合があります