Ecoda universe 2014 ーFORTUNE OF ECODAー

Since November 2010.

ツノ -tsuno-

TSUNO

昔ながらの商店街がつくる町並み、おしゃれなカフェや雑貨店、学生街としても有名で活気溢れる町……。江古田は大学生活を過ごし沢山の思い出を残した場所の一つです。

 

様々な枠組みに囚われない音楽作りを目指しています。多方面で活躍されるアーティストの皆さん、そして江古田の町の皆さんと過ごす時間を楽しみにしています。

 

 

*ツノ-tsuno-

鈴木瑛子(ピアノ、作曲)、鎌谷彩由美(打楽器)を中心に主にクラシック、ジャズを演奏。クラシックのジャズアレンジ、そのほかギタリストconsやターンテーブリストk-skeとのコラボレーション等、音楽活動のバックグラウンドやジャンルの壁を超えた新しいサウンドを求め、都内にて演奏活動中。

 

 

鎌谷さゆみ

1989年、東京生まれ。5歳でピアノを、12歳から打楽器を始める。2010年、武蔵野音楽大学打楽器科入学。在学中にウィンドアンサンブルメンバーに選ばれる。ソロパーカッション演奏のほか、オーケストラ演奏、吹奏楽演奏、吹奏楽指導、ポップスのパーカッション演奏なども行っている。これまでに打楽器を相川瞳、吉原すみれに、ピアノを神尾憲子、渡辺規久雄、和声法を黒田麻紀に師事。

第一回JILA打楽器コンクール第三位入賞。

 

鈴木瑛子

1989年、名古屋市に生まれる。4才からヤマハ音楽教室にてエレクトーンアンサンブルを始め、8才からクラシックピアノを始める。

2008年、武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻入学。2012年、同大学卒業。

これまでにピアノを渡邊規久雄、白崎彩子、作曲を杉本裕美に師事。

現在ピアノ、リトミックの講師を勤める傍ら都内のライブハウス、その他西武家庭支援センターでの親子向けミュージカルの伴奏等も務め、活動の幅を広げている。

2014年、バークリー音楽大学オーディションに合格、奨学金を得る。

来年度渡米予定。

本ページはブラウザの「標準」のスケールに最適化されています。表示を拡大または縮小すると文字と写真がずれる場合があります